ママとパパが元気な赤ちゃんを産むためにできること

妊娠するぞ .com

ノンカフェイン飲料

妊活中コーヒーの飲みすぎに注意!カフェイン急性中毒で搬送される件数も年々増えている!?

更新日:

コーヒーや紅茶、緑茶やエナジードリンク。

様々なものにカフェインは含まれていますね。適量なカフェインは体にも良いですが、過剰に取りすぎると良くない場合も。

また、コーヒーは飲みすぎると体を冷やすということを知っていますか?

コーヒーは体を冷やすって本当?

 

コーヒーは少量ならばカフェインの作用で体が温まります。しかし大量に飲みすぎると逆に体を冷やしてしまうんですね!

カフェインを過剰に摂取すると、交感神経が刺激され自律神経のバランスが崩れます。自律神経のバランスが崩れると血行も悪くなり、体が冷えてしまいます。

 

カフェインの過剰摂取で搬送される人が増えている?

 

昨年、カフェインの急性中毒により亡くなったというニュースがありましたよね。

2011年からの5年間、カフェインの急性中毒で搬送された人は101人。7人が心配停止となり、うち3人が亡くなっています。

朝食や仕事の休憩中のコーヒーって本当に美味しくて、ついつい飲んじゃうのもわかります。私もコーヒーが大好きで何杯でも飲めるのですが…「あまり飲みすぎちゃいけないかも?」と思い、1日多くても3杯程度にしています。(最近ではカフェインレスコーヒーを取り入れています。)

 

コーヒーなどに含まれるカフェインは1日にどれぐらい摂取していいの?

 

安全なカフェインの摂取量は体重によって異なります。

 安全とみなされる量 体重40kg 体重60kg
成人:1回に3mg/kgまで 1回120mgまで 1回180mgまで
成人:1日に5.7mg/kgまで 1日228mgまで 1日342mgまで
小児~青年:1日に3mg/kgまで 1日120mgまで 1日180mgまで
妊婦・授乳婦 1日200gまで

参考:欧州食品安全機関(EFSA)が健康な成人が摂取しても安全とみなしたカフェインの量

レギュラーコーヒー・インスタントコーヒー100mlあたり、約60mgのカフェインが含まれます。

 

妊婦はカフェインの取りすぎ注意

妊娠中の摂取については、英国食品基準庁(FSA)が、2008年に「妊婦がカフェインをとりすぎると出生児が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性あり」とし、1日当たりのカフェイン摂取量上限を200mgと定めている。妊娠中の人は、デカフェにするか、1日当たり1~2杯に。

デカフェでコーヒーを楽しもう

 

最近ではデカフェのカフェインレスコーヒーが注目されるようになってきました。大手飲料メーカーや大手コンビニが次々とカフェインレスコーヒーを販売していますよね!

カフェインレスコーヒー

カフェインが0ということではありません。しかし、どうしてもコーヒーが飲みたいけどカフェインが気になる方におすすめのコーヒー。

味や香りも、普通のドリップコーヒーとあまり大差なくとても美味しくいただけます。

私は、1杯目は普通のドリップコーヒーを飲みますが、2杯目以降はカフェインのことを考え、カフェインレスコーヒーにしています。

玄米コーヒー

香ばしい香りの玄米コーヒー。原材料は玄米なのでカフェインは0です。
”コーヒー”と名前が付いていますが、味は似ていません。

しかし、玄米を煎っているのでとても香ばしい香りと味。お茶のかわりとして飲むのもオススメです。私は妊婦になると必ず飲んでいます。

たんぽぽコーヒー

たんぽぽの根っこを使った飲み物で、カフェインは0です。

たんぽぽの根っこを焙煎してあり、これも香ばしい香りと味です。ただ、玄米コーヒーよりクセがあります。

スポンサーリンク

-ノンカフェイン飲料

Copyright© 妊娠するぞ .com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.