ママとパパが元気な赤ちゃんを産むためにできること

妊娠するぞ .com

卵子の質

卵子の質って何?どうやったら老化を防げるの?絶対ダメなNG習慣

投稿日:

毎日、毎日、卵子の質は低下しています。

卵子の質が悪ければ、なかなか妊娠しないことも。また、私のように流産という悲しい結果になってしまうことだってあります。

日々、卵子の老化は進んでいきますが、

少しでも老化を防ぎ妊娠率を上げたいのが、わたしたちの本音ではないでしょうか。

卵子の質とは?

 

女性は常に卵巣で卵子を作り続けているわけではありません。

生まれたときには卵巣の中に卵子のもとになる細胞(原始卵胞)があるのです。わたしたちが年齢を重ねれば重ねるほどどんどん原始卵胞は減っていきます。そしてこの原始卵胞は増やすことができません。

生まれたとき 卵巣には200万個ほどの原始卵胞があります

月経が始まる思春期頃には20万~30万個まで減少します

毎月1000個ずつのペースで原始卵胞は減っていきます

 

今、卵巣に残っている原始卵胞を大切にし、妊娠できる質の良い成熟した卵子を作ることが大切です。

卵子の老化とは

原始卵胞の数は増えないことはわかりました。

そこで「卵子の老化」とはどのようなことなのでしょうか?

原始卵胞は生まれたときから数が決まっています。

「よし!子供が欲しい!」と思ったときには20年~30年経っていることになりますよね。

何年も経ってしまった原始卵胞の中には、受精しても上手く分裂できずに着床できないもの・染色体異常のものなどがあります。つまり、これが卵子の質が低下・老化してしまったということです。

現在残っている原始卵胞の質を低下・老化させないようにしていく努力がわたしたちには必要です。、

原始卵胞はどうやって卵子になるの?

原始卵胞は80~90日間(約3周期)かけて成熟した卵子になります。

女性は生殖機能が整ってくると、卵胞を育てるホルモンが出るようになります。

卵胞を育てるホルモンの刺激を受けて、成長し成熟した卵子になるのです。

質の良い卵子とはどのようなもの?

卵子だけを見ても、それが質の良い卵子なのかはわかりません。

受精し、きれいに細胞分裂し、着床…そして赤ちゃんに育たなければ、質の良い卵子とは言えません。

元気な赤ちゃんを産むためにも、卵子の老化を防ぎ、体質改善を行っていきましょう。

卵子の老化を早めるNG習慣5つ

卵子の質を低下させるNG習慣は主なものはこちらです。

睡眠不足

常に夜更かしをしたり睡眠不足の状態が続いているようでは卵子の質は低下します。

睡眠不足が続くと、自律神経のバランスが崩れ、ホルモンバランスも崩れてしまいます。

体の冷え

体が冷えていると血流が悪くなります。もちろん子宮や卵巣まわりの血流も悪くなるので卵子の質も低下してしまいます。

ストレス

人はストレスがかかると、活性酸素が体内に増えます。活性酸素は体内のあらゆる器官を傷つけ老化を早める物質です。もちろん卵子も傷つけてしまいます。

卵子の質を保つためにはストレスをためることはよくありません。

運動不足

デスクワークや交通機関の発達により、日常的に運動不足の人が多いのが現状です。

運動不足だと体内の血流も悪くなります。血流が悪くなると卵巣にもダメージが…結果卵子の質が低下してしまいます。

喫煙

妊娠を望むならタバコは絶対によくありません。タバコの煙に含まれる有害物質や活性酸素が卵子の質を低下させます。

卵子の質を上げるためにはどうしたらよい?

 

生活習慣を見直しましょう。一度にたくさんのことが負担になるようだったら、

まずは睡眠の質を変えてみる。そして、食事に気をつける…など少しずつ変えていきましょう。

卵子の質が上がれば、妊娠率も上がります。元気な赤ちゃんを産むために少しずつでも改善していきましょう。

足りない栄養素をサプリメントで補いましょう

 

スポンサーリンク

-卵子の質

Copyright© 妊娠するぞ .com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.